星占いを中心の占いを楽しむためのサイト

西洋占星術で使われる惑星について知っておこう!

Pocket

西洋占星術では12個の星座だけでなく惑星も関係していて、天体は太陽と月の他に、水星と金星、火星と木星、土星と天王星、海王星と冥王星があり、それぞれに役割と意味があるのです。

太陽は自己表現や人生の目的を表していて、月は感情を司り、リラックスしているときの素の自分自身という意味になります。

水星は知性や考え方の傾向を表していて、コミュニケーションの取り方についても知る事ができるという事ですし、金星は美意識や嗜好を表していて、愛情表現の取り方についても知る事ができますよ。

火星は情熱という意味があり、物事への取り組み方を表していて、木星は拡大と発展を表しているのです。

土星は欠点や苦手意識を表しているため、どの分野が苦手かという傾向が分かるのです。

自分自身で自覚できない感覚やコントロールできない出来事を司るのが天王星と海王星と冥王星になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です